前神寺



阿波国
土佐国
伊予国
讃岐国
別格20霊場
小豆島霊場

四国八十八ヶ所霊場 伊予国菩提の道場



第40番・平城山・観自在寺・薬師院
愛媛県宇和郡愛南町にあるお寺で真言宗大覚寺派で本尊は薬師如来座像(伝弘法大師作) 開基は弘法大師
 平城天皇の勅願所として大同二年(807)勅を奉じて当山に来錫した空海が、一本の霊木から本尊の薬師如来と脇立の阿弥陀如来・十一面観音菩薩の三尊を刻んで安置し、開基した寺である。


第41番・稲荷山・龍光寺・護国院
愛媛県宇和島市三間町にあるお寺で真言宗御室派で本尊は十一面観音菩薩像(伝弘法大師作) 開基は弘法大師
 大同二年(807)この地を巡錫していた空海は、稲を背負った老人と出遭った。老人は「われこの地に住み、仏法を守護し諸民に利益せん」と言って姿を消した。


第42番・一カ山・佛木寺・毘盧舎那院
愛媛県宇和島市三間町にあるお寺で真言宗御室派で本尊は大日如来(伝弘法大師作) 開基は弘法大師
 大同二年(807)この地を巡錫していた空海は、牛を引いている老人と出遭った。老人は空海を牛の背に乗せた。暫く歩くと楠の大樹がありその梢に、在唐のとき投げていた光を放つ一カ(カ=王へんに果と書きます。)の宝珠がかかっていた。


第43番・源光山・明石寺・円手院
往古、若き乙女に化身した千手観音菩薩が大石を抱いて籠ったと云う霊場であり、欽明天皇の勅願により、円手院正澄と云う行者が開創したと伝えられている。
 のち、天平六年(734)役行者小角から数えて五代目に当たる寿元行者が、紀州より熊の十二社権現を観請し十二坊を建て修験道の中心道場となった。


第44番・菅生山・大宝寺・大覚院
 往昔、明神右京・隼人と云う兄弟の狩人が当山で十一面観世音菩薩の尊像を発見し、小袖に包んで奉持、安置したのがはじまりである。
 のち文武天皇の勅願により、その年号にちなんで大宝寺と号して開創。
 開創後の弘仁年間、寺に留錫した空海の修法を厳修され、この寺を四国霊場の四十四番、中札所と定められた。


第45番・海岸山・岩屋寺
弘仁六年(815)空海が、かって修行の霊地を求めて投げていた明王鈴の音を頼りにこの山に登られた。当時はこの山に住んでいた「法華仙人」は、空海の仏法に帰依して当山を献じた。そこで空海は自ら不動明王を刻んで堂塔を建てて開創したと伝えられている。


第46番・医王山・浄瑠璃寺・養珠院
和銅元年(708)行基菩薩が奈良の大仏開眼に先立ち仏教布宣のため伊予に来られたとき当地に立ち寄った。行基は此の地が仏法流布の適地であると感得し伽藍を建立、そして自ら薬師如来(医王仏)を刻んで本尊とし、さらに日光・月光の諸菩薩を刻んで祀り、薬師如来の居られる浄瑠璃浄土の名に因んで寺号とされた。大同二年(807)空海が来錫して堂宇を増建、再興したのち四国霊場の四十六番札所と定められた。


第47番・熊野山・八坂寺・妙見院
大宝元年(701)文武天皇の勅願によって伊予守玉興公が創建したと伝えられている。
 創建時、伽藍を建立するに当たって八ヶ所の道を切り開いたことに因んで、八坂寺と名付けられた。
 本尊は、座像で御丈三尺の阿弥陀如来であり、恵心僧都の作と言われている。その後、紀州の熊野大権現が勧請され、十二社権現が祀られて修験道の根本道場として現在の熊野山・八坂寺となった。


第48番・清滝山・西林寺・安養院
天平十三年(741)四国を行脚中の行基菩薩がこの地に錫を留められ、伊予の国司である越智宿称玉純と語り合って、徳威の里に一寺を創建し、十一面観世音菩薩を刻んで本尊としたのが始まりである。
 大同二年(807)四国を巡錫中の空海がこの寺に留錫され、国司の越智宿称実勝と共に徳威の里のお寺を現在地に移し四国霊場四十八番札所に定め国家安泰を祈願する道場となされた。


第49番・西林山・浄土寺・三蔵院
天平年間(729〜48)恵明上人によって開基された寺であり、本尊の釈迦如来は行基菩薩の作である。
 孝謙天皇の祈願所であった頃の寺域は八町四方に及び、六十六坊の末寺を持っていたが、応永四年(1397)の兵火で焼失。以来寺運は衰退、荒廃するにまかせていたのを文明十三年(1481)になって領主「河野家」によって再興された。


第50番・東山・繁多寺・瑠璃光院
天平勝宝年間(749〜757)、孝謙天皇の勅願により、行基菩薩が座像三尺の薬師如来を刻み、本尊として開基した。
 弘仁年間(810〜824)、空海が留錫して修行され、東山・繁多寺の山号・寺号お名付けられ、四国五十番札所と定められたと云う。
 以来、寺運は衰退し、境内や伽藍はさびれるに任せていたのを、「源頼義」が再興し、弘安二年(1279)には後宇多天皇の勅命(蒙古襲来の退散祈祷)を奉じて「聞月上人」がこの寺でその祈祷を行なっている。


第51番熊野山・石手寺・虚空蔵院
神亀五年(728)聖武天皇の勅命を受けた伊予の大守「越智玉澄」が鎮護国家の道場として伽藍を建立し安養寺と名付けたのがはじまりであり。天平元年(729)行基菩薩が来錫して薬師如来を刻み本尊として開眼した寺で、もとは法相宗であった。
 弘仁四年(813)留錫した空海が修学ののち真言宗に改め、四国五十一番札所に定められた。


第52番龍雲山・護持院・太山寺
 用明天皇の御代、九州豊後(現在の大分県)の国の「真野長者」が高浜沖で暴風雨に遭い、観音経を唱え祈ると、龍雲山の方向から差した御光のお陰で助かった。不思議に思って山に登った長者は、小さな草堂の中に十一面観音菩薩の尊影を拝した。長者は助けられたお礼にと、本国で木組みした材料をここに運び、一夜のうちに建立したと伝えられる。


第53番・須賀山・円明寺・正智院
 天平年間勅を奉じて来錫した行基菩薩が勝岡の地に三尺の阿弥陀如来立像を刻み、本尊とし安置する伽藍を和気の海岸に創建し、海岸山・円明密寺と名付けたのが始まりである。
 その後の度重なる兵火のため広大であった堂宇は焼失、寺域は荒れるにまかせた状態が長年月


第54番・近見山・延命寺・宝鍾院
 天平年間、行基菩薩が不動明王を刻み本尊として、海抜244mの近見山山頂に七堂伽藍を創建した。
 のち、嵯峨天皇の勅願を受けて来錫した空海が当寺だ修学、荒れていた堂宇を再興し近見山・不動院・円明寺と号し信仰と学問の中心道場とした。だがその後は、数度の兵火に遭いそれまでの隆盛を見ていた七堂伽藍はことごとく焼失。再建なったのは、享保十二年になってであり。その時現在地に移した。


第55番・別宮山・南光坊・金剛院
 往昔、伊予の大守「越智玉澄」が文武天皇の勅願を受け、今治沖に浮かぶ大三島に大山祇明神を勧請し、法薬所として二十四坊を建立した。
 ところが、海が荒れた時など海を渡っての参詣に不便を感じ和銅五年(712)その別宮を越智郡日吉村に移した時、二十四坊のうちの八坊を別当寺として共に移した。


第56番・金輪山・泰山寺・勅王院
 淳和天皇の勅願所であり、天長元年(824)に創建されている。
 弘仁六年(815)、空海が此のへ来錫した時、丁度梅雨の最中だった。長雨は蒼社川に集まり、ために氾濫した水の為農民たちは酷く苦しんでいた。その様を見た空海は早速、川原に壇を築き、土砂加持の秘法を七座厳修され、満願の日に延命地蔵菩薩の尊像を感得した空海は、治水祈願が成就されたことを悟ったと云われている。


57番・府頭山・栄福寺・無量寿院
 嵯峨天皇の勅願寺である。
 四国を巡錫中の空海が当地に立ち寄ったとき海難事故の多発することを訊いた。空海はその厄災を取り払おうと府頭山山頂で海神供養の護摩供を厳修し、その満願の日に海上を圧する霊光の中に阿弥陀如来の尊影をみた。


第58番・作礼山・仙遊寺・千光院
 淳和天皇の勅願所であり、天長元年(824)に創建されている。
 弘仁六年(815)、空海が此のへ来錫した時、丁度梅雨の最中だった。長雨は蒼社川に集まり、ために氾濫した水の為農民たちは酷く苦しんでいた。その様を見た空海は早速、川原に壇を築き、土砂加持の秘法を七座厳修され、満願の日に延命地蔵菩薩の尊像を感得した空海は、治水祈願が成就されたことを悟ったと云われている。


第59番・金光山・国分寺・最勝院
  天平十三年(741)聖武天皇の勅願により行基菩薩が、各国に創建したときの伊予の国分寺である。
 それから年代を経、智法大師はが三代目住職をしているときに当寺を訪れた空海は、暫く留錫して五大尊の絵像を書き残し、空海の弟子の真如大師も留錫して法華経一部を染筆するなどの歴史を持っている。


第60番・石鉄山・横峰寺・福智院
白雉二年(561)役行者が星が森で修行中、石鎚山山頂に蔵王権現が出現したのでその尊像を石楠木に刻んで開創した。大同六年当山を訪れた空海が錫を留められ、四十二歳厄除けの星供の法を修している。感得した空海は、当地こそ霊地なりと大日如来を刻んで本尊に祀り、四国霊場六十番と定められた。


第61番・栴檀山・香園寺・教王院
用明天皇の御代、天皇のご病気平癒を祈願して聖徳太子が堂塔を創建したところ、金衣白髪の老翁が出現して本尊の大日如来を安置し、それらの事により天皇から教王院の勅号を賜る。天平年間には行基菩薩も錫を留めて修し、さらに大同年間、来錫した空海は難産で苦しんでいる婦人を見、救おうと栴檀の香を焚いて護摩修法されたのが山号のもととなり、その縁により安産、子育て、お身代わり、女人成仏の四つの誓願と秘法を遣わされている。


第61番・香園寺・奥之院
昭和8年、香園寺住職・山岡瑞円和尚が奥の院を創建。本尊は不動明王で、両脇に「コンガラ」「セイタカ」二童子を従えた銅像を滝の上の岩に造設し、滝に打たれる修行の場になっている。
解 説:無住(昼間はいます。)


第62番・天よう山・宝寿寺・観音院
 四国八十八ヶ所霊場第62番・天よう山(てんようざん)・宝寿寺(ほうじゅじ)・観音院(かんのんいん)は愛媛県西条市小松町にあるお寺で真言宗高野派で本尊は十一面観音菩薩立像(伝弘法大師作) 開基は弘法大師


第63番・密教山・吉祥寺・胎蔵院
 四国八十八ヶ所霊場第63番・密教山(みっきょうざん)・吉祥寺(きちじょうじ)・胎蔵院(たいぞういん)は愛媛県西条市氷見にあるお寺で真言宗東寺派で本尊は毘沙門天(伝弘法大師作) 開基は弘法大師


第64番・石鉄山・前神寺・金色院
愛媛県西条市洲之内にあるお寺で真言石鉄派で本尊は阿弥陀如来(伝役の行者作) 開基は役の行者
 天武天皇の御代、石鎚山で修業した役行者小角が開創した寺であり、石鎚大権現を祀っている。


第65番・由霊山・三角寺・慈尊院
 四国八十八ヶ所霊場第65番・由霊山山(ゆれいざん)・三角寺(さんかくじ)・慈尊院(じそんいいん)は愛媛県四国中央市金田町にあるお寺で真言宗高野派で本尊は十一面観世音菩薩立像(伝弘法大師作) 開基は行基菩薩